第十回文学フリマ大阪 メインビジュアル

 どうもご無沙汰しております。文学フリマ大阪事務局です。中の人が健康を損ねたこともあって、長らく更新が止まっておりました。もうちょっと発信していきたいと思いながら健康には気をつけて活動します。
 さて、例年より遅くなりましたが、第十回文学フリマ大阪のメインビジュアルが完成しました!

 今年の人物は三好長慶
 今年が生誕500周年にあたる人物ですね。大河ドラマ麒麟がくる」でも登場しました。戦国武将であります。
 墨絵師の御歌頭さんに今年も描いて頂きました。
 歌人としても力があったと言われる三好長慶を一歩突き抜ける風にして描いて頂いています。今年の干支、虎もさりげないながらも力強く咆哮し、執筆の進捗を激励しています。

「次の十年へ」
 を標榜に今年で十周年を迎える大阪開催はこれまでの感謝と共に、次を約束したいと思っております。場を持ち続けることの意味というものをここ数年感じて参りました。力強い開催地として精進して参りますので、皆さんも執筆等々と健康に気をつけて頂き、末永く楽しんで頂ければと思います。
 出店申込も30日(木)23:59まで。
 機会ある方は是非!

第九回文学フリマ大阪開催まであと五日

 いよいよ第九回文学フリマ大阪開催まで五日を切りました。
 9月26日(日)11:00~17:00
 OMMビル2F B・Cホール

 宅配搬入される出店者の方は24日必着であることをご注意ください。
 宅配搬入詳細は郵送の出店案内をご確認ください。

 当日は朝の設営ボランティアを募集しています。
 毎回、開催時間までに設営が間に合っているのはボランティアのみなさんのお陰です。いつもありがとうございます。
 

bunfree.net

 例年通りなら一日中いられるイベントとして紹介するのですが、感染症対策により会場内の人口が多くなれば入れ替え制になる可能性があります。詳しくは上記URL先にてご確認ください。

 会場への行き方はこちら

bunfree.net

 今年の顔は小泉八雲
 奇しくも9月26日は八雲忌にあたります。

osakabunfree.hatenablog.com

「艱難の時こそ筆を執れ」
とした今年のキャッチコピー。
 様々な理由で参加できなくなった方もいらっしゃると思います。
 来年の第十回は元気にお会いできるよう、文フリ大阪に想いを馳せながら一つ書いてみるのもいいかもしれません。
 参加予定のみなさんは体調面に注意して、当日イベントを楽しみましょう。

第九回文学フリマ大阪 メインビジュアル公開

 第九回文学フリマ大阪のメインビジュアルを公開します。
「艱難の時こそ筆を執れ」
 今年も墨絵師の御歌頭さんに描いて頂きました。
 今年の人物は「小泉八雲」です。大阪の作家ではありませんが、文フリ大阪開催日となる9月26日は八雲忌でもあることから、選択しました。
 また小泉八雲は東大の講義にて
「困難に直面し、どうしてよいかはっきりしないときは、座って何かを書き留めておきなさい」
 という言葉を遺しています。
 イベントに関わる皆さんも依然、苦しい状況にあります。現況に響く言葉と思い、今年のコピーはこれを短縮したものとなりました。
 小泉八雲は次のことも遺しています。
「あなたの話、あなたの言葉、あなたの考えでなければいけません」
 出店受付は6月30日(水)23:59までです。
 今年も昨年同様、感染症対策を施しての開催予定となっております。
 燻る想いを形にして出してみませんか?

f:id:Osakabunfree:20210529143645j:plain

 

第九回文学フリマ大阪 出店申込受付開始

 第九回文学フリマ大阪

 2021年9月26日(日)
 OMMビル 2F B・Cホール
 11:00~17:00

 出店申込はこちらから↓

 https://c.bunfree.net/



 本日3月13日(土)より
 出店申込受付を開始いたしました!
 ~6月30日(水)23:59まで受付しております。
 
 先着300ブースまでは出店料入金次第、抽選対象外となり出店が確定となりますので、確実に出店したい方は早めに申込ください。

 出店要項はこちら

bunfree.net



 花粉症や映画等々で本調子でない方も、そうでない方も、今年も9月の大阪で文学フリマを楽しみましょう!
 事務局スタッフ一同も開催準備を頑張ります!
 

第八回文学フリマ大阪 御礼

 さる2020年9月6日(日)に開催した第八回文学フリマ大阪から二週間経ちました。今のところ事務局には、当日に来場された方で新型コロナウイルスに感染したという報告は来ておりません。当日、スマートフォンをお持ちでなかった方から連絡先の書かれた用紙をお預かりしておりますが、検査結果が出るまでの時間差も考慮してあと二、三日経過してから厳密に処理し破棄致します。
 今年は、当日683名の方に来場頂きました。出店者・来場者あわせての数字で、ステッカーの配布数から計算しております。
 例年と比べて大幅に減少となりました。またも台風が直前に発生する等の事情もあり、少し寂しくなりましたが、全国でも半年ぶりになる文学フリマを開催し、無事終了することができました。ありがとうございました!
 今回、諸々の事情で出店や当日の来場を断念された方も多くいらっしゃいます。事務局スタッフもフルメンバーとまではいきませんでした。しかし、人数が少なくなることで会場内の密を回避できたという意味では、当日来られなかった方にもまた開催にご協力頂いたということになります。実際に来られた方だけでなく、開催を待ち望みながらも当日は来られなかった皆さんにも支えられる形で迎えた当日でした。次回はご来場頂けるよう、状況が良くなることを願いつつ、事務局としても対策に検討を重ねてまいります。
 この状況下で多くの人にご負担とご協力を頂き、開催することができました。来年以降、元のように開催できるとは限らない中で一歩踏み出せたことは次につながる意味でも大きかったと思っています。改めて皆さんに御礼申し上げます。本当にありがとうございました。
 最後に第八回文学フリマ大阪で失われた小ネタに関してお話しします。
 今年のメインビジュアルは「高山右近」。彼はねずみ年の武将でもあります。今年はねずみ年ということで、小さくねずみが描いてあります。今年から12回文学フリマ大阪に参加するとカタログで干支が揃うよ!というのをやりたかったのですが、コロナの影響であえなく諦めることとなりました。来年の丑はどうするか検討中です。まずは開催日の決定からですね。決まり次第お知らせしたいと思います。
 来年に向けての動きも開始しております。全て思い通りにいくとは限りませんが、開催日発表まで今暫くお待ちください。事務局スタッフ一同、より一層精進して準備にとりかかります。
 そんなわけで第九回文学フリマにも遊びに来てや!

副代表の右近訪問記

久々のブログの更新です。

今年も、文学フリマ大阪は開催します。

今年の表紙を飾った「顔」は高山右近です。

戦国時代から江戸初期にいたる武将で、キリシタン大名として有名です。

洗礼名はジュスト、正義の人という意味だそうです。また、茶人として千利休の高弟であったそうです。

今年のキャッチコピーは「壁をぶち破れ」なのですが、信仰に生き、武将としても優れ、また文化人でもある彼の逞しさでもって、文学フリマ開催に向けて、高山右近は心強いシンボルとなるものだと思います。 

そして、私はそんな右近パワーを得るべく、阪急電車に乗って高槻市を目指しました。

f:id:Osakabunfree:20200905150949j:plain

梅田駅に着くまでにすでに体力の半分以上は失われていました。

世は酷暑も酷暑。人間が生存できる暑さではありません。

山の方は、夕方ごろになるとさすがに涼しくなって驚いたことがあるのですが、都市は夕方こそその暑さを増す恐ろしさ。

太陽の光が日傘を貫くように差してきます。

高槻市駅に到着し、途中、コンビニで身体を冷やし、冷却スプレーを背中とお腹にかけて、ふたたび灼熱の世界に身を投じます。歩き続けるうちに頭がおかしくなり「サハラ砂漠以来やわ。サハラ砂漠以来やわ」とわけのわからない弱音を吐きました。

途中、ありました!

f:id:Osakabunfree:20200905151123j:plain

 

f:id:Osakabunfree:20200905151202j:plain

高山右近です。敬虔な、神に祈る姿が見られます。

迫害を受けながら生涯信仰を貫き通した彼は2017年にローマ教皇庁から殉教者として列福されました。

f:id:Osakabunfree:20200905151250j:plain

この像は、バチカン市国の聖クラレチアン宣教会総長から贈呈され、イタリアの彫刻家ニコラ・アルギイニ作の高山右近像だそうです。

f:id:Osakabunfree:20200905151335j:plain

高山右近顕彰碑です。商工会議所がある場所に昔は建っていたそうです。

このカトリック高槻教会の聖堂は、高山右近臨終の地であるフィリピン・マニラ郊外アンティポロにある聖母大聖堂を模して建てられたそうです。1954年に仮聖堂が建てられ、1962年に聖堂が完成し、献堂式が行われたようです。

f:id:Osakabunfree:20200905151431j:plain

近くには高山右近天主教会堂址の石碑がありました。

大阪府高槻市教育委員会の看板には、

「宣教師ルイス・フロイスの記録によると、1574年に高槻城高山右近(ジュスト)と父親の飛彈守(ダリオ)は、古社の位置に池や庭園をともなった教会堂を建立し、この教会堂を拠点にキリスト教布教に力を注ぎました。

高山右近の明石転封の後、しばらくして古社は元の場所に復帰したと伝えられていることから、当地周辺に教会堂があったと推定されます。

高槻市教育委員会が1998年に行った発掘調査によれば、蓋に十字架を墨書した木棺を含むキリシタンの墓地が発見され、教会堂に付属した墓地の一端が明らかになったようです。

 

f:id:Osakabunfree:20200905151523j:plain

その後、城跡公園まで行きました。花が燃えるんじゃないかというくらい熱い日差しです。馬鹿みたいな日差しです。

f:id:Osakabunfree:20200905151615j:plain

池も沸騰してるんじゃないかと思えるほどです。ふと右の方をみると、高山右近像が立っておりました。 

f:id:Osakabunfree:20200905151713j:plain

 

高山右近「おはよう、少年!」

と、私に話しかけてきそうでした。いえ、もう年齢的には、「おはようございます、おじさん」でしょうか。確実に城主となった高山右近より私の方が年上です。

高槻城の説明看板には、1569年に和田惟政が城主となったが、1573年、その子惟長と対立した高山飛彈守・右近父子が、和田氏を滅ぼして城主となった。キリシタンであった右近は、場内に天主教会堂を建てるなど布教に努め、1581年にはイタリアの巡察師ヴァリニァーノを迎えて盛大な復活祭を催しているそうです。 

右近像の看板にはこう書かれています。

高山右近は、戦国末期の高槻城主、キリシタン大名であり、1552年ごろに現在の豊能郡豊能町で生まれたとされています。高槻城主となった右近ですが、摂津国を束ねる荒木村重織田信長から離反した1578年、信長はオルガンティーノ司祭を使いとし、右近に降伏をすすめました。降伏しなければ、キリスト教を弾圧するというのです。右近は村重へ子どもや妹を人質にだしており、苦悩の末に開城しました。その後は羽柴秀吉の下、山崎合戦などで功績をあげました。

1574年、右近は高槻城の側に壮麗な教会堂を建て、キリスト教の布教に努めました。宣教師の記録によれば2万5千人の領民のうち、1万8千人がキリシタンになったといわれています。

f:id:Osakabunfree:20200905151805j:plain

高槻城主として約12年間を過ごした後、右近は播磨船上城(明石市)に移封され、秀吉がバテレン追放令を発した1587年には、棄教の命令を拒否し、領地を没収されました。その後、前田利家に仕えることとなり、金沢へと赴きますが、禁教令を出した徳川幕府により1614年10月に国外追放処分を受け、マニラに向かうこととなります。しかし慣れない現地で病の身となり、1615年2月3日に亡くなったそうです。

 

f:id:Osakabunfree:20200905151853j:plain

そんな右近も今ではすっかりイケメンになり、謎解きゲームの主人公となっています。右近の選択。謎解きタイトルは「謎の城」です。謎だらけの企画です。延長決定してますが、すでに終わっているようで、参加できなかったのが残念です。

 

f:id:Osakabunfree:20200905152016j:plain

最初、城跡には日向ぼっこをしている鳩たちがいたので、なんでこんな生物が生きていけない暑さなのに、アスファルトに寝っ転がってるんだ。大丈夫かと思ったのですが、実は違っていたのです。

f:id:Osakabunfree:20200905152104j:plain

鳩は近くの水がなんか流れているところで水浴びして涼み、熱いアスファルトで羽を乾かす。そんなものすごく綺麗好きな感じのことをしていたのです。汗だくでどろどろの私は、鳩が気持ちよさそうにサウナと水風呂を楽しんでいるのをみて、ただシャッターを切ることしかできませんでした。

f:id:Osakabunfree:20200905152203j:plain

途中、野見神社にも立ち寄りました。祭神として須佐之男命(牛頭天王)、野見宿禰命を祀っています。9世紀後半に、疫病退散の願いのために創建されたそうです。野見宿禰は相撲の神様であり、一部の説によると、石炭をダイヤモンドにするほどの握力があるそうです。本当かどうかはわかりません。けれども、あのスサノオと、野見宿禰の二柱にあやかれるのはありがたいので、しっかり、「文フリ大阪の出店者、来場者、そしてスタッフ達、会場の社員に石炭をダイヤモンドにするくらいのパワーを……!」とお願いしました。

手水舎が花手水になっていて、美しかったです。 

f:id:Osakabunfree:20200905152253j:plain

水の上に浮かび花々と、そのうえで揺れる風鈴の音に、わりとガチで涼を感じました。 

f:id:Osakabunfree:20200905152419j:plain

神社の後ろの雲でさえ力強い。でも静かな神社で、そして掃除が行き届いていて、とても綺麗でした。

f:id:Osakabunfree:20200905152503j:plain

帰りは大阪でヒップホップや音楽好きなら誰もが立ち寄るコモレビカフェでキーマカレーを食し、アイスコーヒーで落ち着きました。店内は落ち着いた雰囲気で、レコードやDJブースがあり、奥にはソファ席がありました。2時ごろに到着したのですが、僕でちょうど満席となるくらい、賑わっていました。綺麗なお姉さん二人組から、老夫婦まで、ゆっくり思い思いの時間を過ごされてました。

 

f:id:Osakabunfree:20200905152556j:plain

梅田のグランフロントまで帰ってきました。

どでかいビルがどんどん建てられるので、壁のようです。

左を向けばスカイビルが建っています。OMMと同じく、鏡のように空を反射して、一体化しています。

 

文学フリマ大阪はもう一つのキャッチフレーズがあります。

代表の挨拶にもあるように、

「当日は笑顔で会いましょう。」

です。

 

笑顔でなければならない、というわけではありません。

心配はすな、でも安心はすな。こうしたバランス感覚をもって、スタッフ一同、しっかりと出店者・来場者の皆さまをお迎えできればと思っております。

 

2020年09月06日(日) 11:00〜17:00

天満橋OMMビル 2F BCホールにてお待ちしております。

https://bunfree.net/event/osaka08/

第八回文学フリマ大阪は抽選なしです

 第八回文学フリマ大阪の出店者受付を終了しました。多くの方に申込頂き、ありがとうございました!
 そして今年も抽選なしで全員当確となりました。出店申込された方には事務局からメールが順次届きますのでご確認ください。
 また、参加費の振込等をよろしくお願いします。こちらは5月26日(火)までとなっています。
 ほっとして忘れてしまう方もいらっしゃいますので、ご注意ください。